ロードナイトと第8チャクラ

rhodolite_garnet_stone_healing

第8チャクラとは?

クリスタル・ヒーリングについての冒頭部分はこちらです↓
第7チャクラについてはこちらです↓
第6チャクラについてはこちらです↓
第5チャクラについてはこちらです↓
第4チャクラについてはこちらです↓
第3チャクラについてはこちらです↓
第2チャクラについてはこちらです↓
第1チャクラについてはこちらです↓
第1チャクラについてはこちらです↓
 
通常、チャクラと言えば第1~第7チャクラまでを扱うことが多いようですが、実はチャクラは第12チャクラまであり、もっと細かいものまでを合わせると100以上にも上るチャクラがあるそうです。第8チャクラから上に位置するチャクラは、これまでのものよりも更に深いスピリチュアルなテーマを扱っているので、理解が難しく感じる方もいらっしゃるかもしれません。ひとまずこのブログでは第8チャクラまでをテーマにあげたいと思います。第9チャクラ~第12チャクラまでのテーマについては後日、メインのブログ(奇跡を呼ぶ意識の魔法)のほうで取り上げたいと思っておりますので、ご興味がある方が是非ご訪問頂ければと思います。(ただいま翻訳&執筆中ですのでもうしばらくお待ち下さいませ。)

第8チャクラの位置とテーマ

この第8チャクラがあるとされる場所は、頭頂から30~60㎝離れた辺りになります。日本では15㎝~22㎝とされているようですが、海外の色々なサイトをあちこち見てみると、大抵の場合は1~2フィート(30~60㎝)となっております。厳密に測ることは難しいかもしれませんが、いずれにせよ頭頂から離れた場所ということだけは一致していますね。第8チャクラは、これまで転生を繰り返して来た中で積み上げてしまったカルマや過去生から引き続き持ち越してしまっているパターンやトラウマのエネルギーが記憶され、残留している場所です。また、輪廻転生の最後の場所とも言われていて、このチャクラが完全に開き、活性化すると、これ以上は人間として生まれ変わるという事も無くなると言われています。それ故か、第8チャクラが開き始める時から、これまでに溜め込んでしまったネガティブなエネルギーやアンバランスさをすべて浄化すべく、1つずつ古いパターンを手放すことに集中して行くでしょう。その結果、それまでとは全く異なるような考え方や視点を持つようになり、霊的に覚醒める準備が整っていくようになります。また、幽体離脱が出来るようにもなったり、自分の魂のルーツ(出身の惑星)を思い出したり、人間としての本質はもとより、更に深いレベルの「魂の本質」で生きるようになったりもしますし、霊的な能力(サイキック)も3次元的な内容(例えばオーラが見える/見えない、など)を遥かに超える能力が開いていくこともあるようです。

第8チャクラのための石

第8チャクラを開くためにサポートしてくれる石はロードライト・ガーネットです。他にもロードナイト、ピンクトルマリン、クンツァイト、インカローズ、ルビーなども適しています。これは第8チャクラの色がマゼンダ色(赤紫色)であるとされているため、その色のエネルギーに対応した石を使うのがクリスタルを使ったチャクラ・ヒーリングの基本形になります。アライメント(第8チャクラ以上は閉じている人が多いため、ヒーリングというよりは調整を取るという意味でアライメントと言う方がピッタリ来るかもしれません。)を行う時は横たわって、ロードライト・ガーネットまたは上記の石を頭頂から30㎝ほど離れた場所に置きます。この先に覚醒のプロセスが待っている人や、魂の解放を願う人にとってはとても重要なチャクラです。
 
f:id:jyotistones:20161017220920g:plain